ブログ

不要になった家電製品

使わなくなったり、引越しのときに不要になったりした家電製品はどのように処分されていますか?「家電リサイクル法」というものがあります。これは、エアコン、テレビ、電気冷蔵庫・電気冷凍庫、電気洗濯機・衣類乾燥機の家電4品が対象商品となり、これらのリサイクルが義務付けられました。これらはリサイクル料金がかかってきますが、不要家電をゴミではなく資源として扱うものです。


引越し


また、まだ使える家電製品は、わたしたちのようなリサイクルショップに持ってきていただいて、買取させていただくこともできます。捨てるのは勿体無いです。
これはその商品をまた新たに商品としてリサイクル販売するシステムとなっておりますので、またどなたかに大切に使っていただくことができます。
買取額のほうは、商品の使用年数や型番、また傷がないかなどの商品の状態を見せていただいて、査定させていただきます。また、店まで持ってきていただくのが難しい、面倒な場合は、こちらから出張買取もさせていただいております。使わなくなったら、なるべく早く買取に依頼していただくのが、高額買取になる一番の方法です。また、できるだけ商品を掃除や磨くなどしていただいて、ホコリやカビなどの付いていない綺麗な状態で出していただくことも、査定額がアップするコツかと思います。
また、保証書や説明書、それから商品が入っていたケースなどもおありの場合は一緒に提出していただくと良いです。その商品の付属品、消耗品などがある場合は、一緒に出していただくと、セットで販売できますので、店としては売れる確率が上がりますので、その分査定額もアップしてきます。今は物が溢れている時代です。
あらゆる商品が、簡単に手に入り、その分、「物のありがたみ」「大切さ」「勿体無いという気持ち」が忘れられていくような気がします。
不要になった家電製品も、またどこかで誰かに大切に使っていただけたら、何よりではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る