ブログ

不用な電化製品があれば当社にご相談を

御両親の家財道具を整理する事は、なにも亡くなられた時ばかりでなく施設に入所される時でもされる事です。施設の部屋は自宅と違いスペースが狭い場合が多く、ほとんどの荷物を整理しなければなりません。当然、電化製品もその中の一つで冷蔵庫や洗濯機などはもう不要な商品でしょう。
いくらまだ購入したばかりで新しく、お子さんのお宅にある家電よりも新品だとしても持って帰るには無理がある場合も多くその時は処分しなければいけません。しかし、まだ十分に使える物を処分することは、もったいない事ですし物を大切にされる世代のご両親であれば抵抗を感じられる事でしょう。そんな時にはぜひ、当社にご相談ください。
当社は再販可能な商品であれば買い取りを行っています。お電話一本で専門知識を持ったスタッフが無料見積に伺います。大きく重い家電であれば、粗大ごみの収集場所に運ぶこと力がいる重労働ですがその煩わしさもなく便利です。もし、契約不成立となった場合でも料金はかかりませんので安心ください。まずは、お電話をお待ちしております。

関連記事

ページ上部へ戻る