Blog

【まとめ】ズボラでも片づいた感がでる収納テクニック

スッキリ収納5つのルール

最初からがんばらない
1度に片付けようと思わず、最初は小さいスペースから始めましょう。
収納する定位置を決めたら、それを守る習慣をつけます。
必ず片付ける場所を決めておく
毎日片付ける場所を決めておきます。
月曜日はキッチン、火曜日はリビングなどとしておけば、いつもどこかはきちんときれいになります。
1つのアクションで片付ける
引き出しを開け閉めするのも面倒になりがち。
置く、吊るす、ひっかけるなど1つの動作で片付けができるようにしましょう。
とりあえずのスペースをつくる
生活には分類しきれない道具もで出来ます。
”あとでしまおう”と思うと散らかる。物の緊急スペースがあると気が楽になります。
片付けにメリハリをつける
見せる収納と隠す収納を使い分けましょう。隠す収納部分は、少し手を抜いても、部屋はスッキリ見えます。

簡単なポイントだけを気を付ける


片づけられないなら、できることだけ行ってみましょう。散らかるモノをしまうと思うから面倒になります。毎日使うモノはきちんと片付けなくても、『片付いた感』があれば、それで十分です!簡単に片付いた感を演出するにはあえて小物も見せ飾ったりと、ポイントだけ抑えておけばOKです。空間によって様々ですので、スペースの空間を上手にりようしましょう。

■リビング・・・リモコンと雑誌類を収納するだけでもスッキリします
■キッチン・・・動線を考えた収納と色使いを抑えましょう
■寝室・・・たたむ、吊るすを活用した合理的な収納が一番
■玄関・・・デッドスペースを有効活用するだけ
■子供部屋・・・何でもどんどん入れられる収納かごえお用意しよう

とりあえす”かご”に入れる


ついついモノが増えて乱雑になりやすいリビングなどさまざまねタイプのかごを適材適所に上手に使えば片付けられない人でも簡単にスッキリとした空間を手に入れることが出来ます。毎日使い乱雑になりやすい場所は、ゴチャゴチャ感がどうしても出てきますので、手っ取り早くスッキリさせるのに最適なのが”かご”なのです。本や雑誌、リモコンやゲームなどアイテムごとに1つのかごにまとめて収納してみると、驚くぐらいにスッキリ、オシャレに見えること間違いなしです。かごは、どこでも手軽に購入できるので、まずは100円ショップなどで試してみましょう。(図1参照)かご収納になれたら、かごを上手に家具ごとにしまってみましょう。ラックやカラーボックスなどの家具にかごを取り込んでいく方法です。開いているスペースにかごを入れてもいいですし、いくつか同じかごを納めると見た目もきれいで空間の凹凸がなくスッキリとした印象になるでしょう。


収納上手さんの片付けアイデア実例

きれいに整理された家は、生活していて気持ちがいいですよね。限られたスペースの中で効率よく物を片付け、おしゃれな生活を楽しむ収納上手さんがたくさんいます!発想力に富んだ収納術の数々は、すぐに真似できるものばかりですよ。

ただかごに入れるだけでリモコンもスッキリ、探しやすく便利です。乱雑になる新聞も大きめのかごにしまえまば、インテリアの一部となります。また同じ種類や質感、色合いが同じものを揃えて並べて収納すると、見た目がキレイで整ってみえます。

見せたくないモノは隠して収納

生活感のあるものは隠すことは基本ルールーにしてみましょう。色合いを抑えたおそろいのもので隠して統一感を出すと見栄えも良くなります。種々雑多な小物や家電など、見せたくないものは隠すのが気軽。表に出しておくと使いやすい小物、リモコンなどは、逆に見せる収が最適ですが生活感のあるものは隠す収納を徹底させましょう。フタ付きのの入れ物や引き出しにしまう、オープンラックにしまって、カーテンや布をつけるなど、お好みの方法をチョイスしてみよう。収納を隠す際、色のトーンが同じであれば素材や質感が異なっていても統一感が感じられます。

100均アイテムを使った収納技

100円均一のグッズを使った収納術をまとめました。キッチン、洗面所、お風呂、トイレ、デスク、下駄箱、クローゼット、アクセ、コスメ、漫画やパンフ、チケットや銀テなどの趣味のものまで…。お買い得に整理整頓するアイディアをツイッターで見つけたので参考にしてください。100均って超便利!

片づけられないなら飾っちゃおう

個性やセンスを生かして飾ることを楽しんでみよう。よけいなモノがないシンプルな空間もいいけど、適度にモノがあるお部屋には個性や温かみが感じられるもの。だから、片づけることばかりに気をとられず、発想を転換して飾る意識で見せ方を工夫すれば、居心地のよいリビングになるはす。好きな物だけを厳選してコーディネートすると、自然に統一感も生まれるものです。

いつも目にしておきたいお気に入りや、すぐ使いたいモノは身近に置いて飾ってインテリアの1つとして見せるのもひとつの手です

壁も収納スペース!有効活用して

壁に飾る棚などを設置して、飾る収納にチャレンジしてみましょう。限られた収納スペースを有効に使うためには、壁面を利用するのが不可欠。奥行きの浅い飾り棚を取り付ければ、じゃまにならず圧迫感も少なく、小物や雑貨などを飾りながら収納できます。ただし、意外に目立つスペースなので、テイストや色合いを統一して、美しく見えるように気を配りましょう。

壁面収納におすすめアイテム&実例43選☆簡単でリーズナブルにできる♪

お気に入りの雑貨など、見せて収納。大切なモノこそ飾る棚にしまってみてはどうですか。ちょっとしたモノでもこんなふうに置くだけでおしゃれに家の中に少しでも増やしたいのが「収納スペース」ですよね。でも空間には限りがあります。そこで壁面を見直してみませんか?リーズナブルで簡単に見逃していた壁面を収納として活用する方法をご紹介しています。

掃除が苦手ならここだけはキレイにしておこう

玄関

『幸せは玄関を通ってくる』といいます。昔から玄関掃除にはお清めの意味もあるようです。掃き掃除や拭き掃除で清潔にしておきましょう。玄関を通るときにサッと掃除すれば面倒な思いをしなくてすみます。また、靴を何足も出しておいたりするのも良くありませんので、帰宅したら下駄箱にしまう習慣をつけましょう下駄箱も、ときどき空気の入替えをし、靴箱の中には、新聞紙などを引いて、靴から出る湿気をとるようにしておきます。玄関の扉の汚れは気がつきにくいのですが、毎日さわるドアノブなどは、タップリ手あかがついていますので、ここも拭き掃除もして下さい。狭い空間ですのでそんなに掃除に時間はかかりません。

水まわり

トイレをキレイにすると、幸運が舞い込んでくると言われています。また、金運を上げるとも言います。ウエットティシュなどで使用した後、便座など拭くだけで清潔に保たれます。キッチンのシンクは、料理で出た野菜の皮などで、お料理のついでに磨いてしまいましょう。ヌメリの出やすい排水溝には、10円玉を1ついれておくと、ヌメリが出にくくなります。バスルームの水アカには、万能の重曹が大変便利です。重曹は環境にも手にもやさしい天然素材です。使い方など詳しくは以下のHPで紹介しています。

関連記事

ページ上部へ戻る